スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武富士 東京地方裁判所民事第8部の人事移動 ~武富士の更生計画を認可した裁判官が民事第8部を去る~

紆余曲折の会社分割施行から3ヶ月、Jトラスト傘下となり新規融資も開始し
順調に再建しているかに見える武富士。
そんな武富士の再建計画を認可した東京地裁の裁判官2名、
大門匡判事、福井章代判事が民事第8部から移動となっていた。

管財人の選任から、更生計画の認可(参照記事)まで本案件に関わった判事の移動。
私を含め、債権者団体などから計画の問題点を指摘(参照記事2)されていたにも関わらず認可し、
支援企業の撤退という前代未聞の管財業務となってしまった武富士会社更生の責任追及を逃れるためか、
それとも他案件も含め企業側(役員)に有利な判決が多いとされる両判事への引責人事なのかは定かではないが、
何等かの判断が最高裁人事事務局に働いたと推測される。

この人事を見るにあたり、これからの企業裁判では取締役などの責任を明確にする判決が増えてくるのではないかと考えられるため、
現在、民事第8部で執り行われている経営陣の責任追及訴訟や配当金の返還訴訟にも影響が出るかもしれない。




ブログランキング・にほんブログ村へ ←恐縮ですがブログに共感された方はクリックして頂けると幸いです。
人気ブログランキングへ ←恐縮ですがブログに共感された方はクリックして頂けると幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 裁判
ジャンル : 政治・経済

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

※q(^‐^*)/※がんばれー!※\(*^‐^)p※

記事、たまに読んでますよ。

応援してます。奮闘結果笑って話せるように

お互い頑張りましょう!!

お疲れ様です

私も官報にて異動を知りました。

法曹組織の意図や思惑は別として今後の破産・民事再生案件に対して少なからず影響はあるのでしょうか…

裁判官の独立性とは言っても残念ながら霞ヶ関ルールの中で法律の運用が為されてるのが哀しい現実かもしれません。

ご存じの様に武富士事案においては各所で債権者による集団訴訟や管財人が提起した訴訟が展開されてますが【管財人が提起した訴訟に対して武富士全国会議の連結を認めない】旨の通達が出された事実や一部訴訟を非公開で行う等の決定事項から原告サイトの不安・不信要素は増すばかりです。


貴殿におかれましては私達債権者とは異なり具体的アクションが起こし難い環境・状況下にあると察しますが今後も旧に倍するご健闘を祈念申し上げます。

Re: ※q(^‐^*)/※がんばれー!※\(*^‐^)p※

> GOGO7 さん
おはようございます、個人株主Gです。

応援、ありがとうございます。
現状で結果を求めるのは厳しいですが、
情報の収集と精査は怠らないようにしています。

そうですね、お互い頑張りましょう!

Re: お疲れ様です

> スピルスさん
おはようございます、個人株主Gです。

今後の案件に影響があるかどうかは、私などの見識では測りかねますが
個人的見解としては影響が出てくるのではないかと考えています。
先日、全国会議の乾司法書士とツイッターでお話させて頂いたのですが
乾氏は今回の人事異動について重大案件の処理を迅速に行ったことに対する栄転(昇進)の可能性があるとお話されていました。

武富士の会社更生はお世辞にも上手くいったとは言えないので流石にそれはないと思うんですけどね。
(でもお二人共に統括判事へと昇進しているみたいなんですよね…)

管財人が起している経営責任追及訴訟において「連結を認めない」通達は全国会議さんのブログのほうで私も確認していました。
ブログには認めない理由が説明されていなかったので、個人的に判断しかねるのですが
全国会議さんの小畑英一弁護士に対する印象や心象、また今までの意見表明などから察するに
裁判において管財人とちょっとした押し問答があったのではないでしょうか?
もしも何も問題なく公判に協力していたのでしたら、認めないとした決定に異議を唱えるべきだと思います。

追伸

> スピルスさん
今晩は、個人株主Gです。

民事第8部の人事異動ですが、やはり昇格人事ではありませんでした。
引責かどうかという部分では微妙ですが、
裁判所も本案件について問題ありという見解なのではないでしょうか。

先月判決が下された横浜地裁の訴訟をみても、そういう流れなのではないかと思います。

…っていうか、危うく乾さんに乗せられちゃうところでしたよ(笑)←冗談です

ご無沙汰してます

追記ありがとうございます。

だいぶ時間が経過した様ですが(汗)

さて横浜地裁の判決ですが当該裁判で実績を残さなくても将来が約束されている超エリートの彼(判事)があれだけ突っ込んだ画期的判断を行った事実にこそ意義が有ると感じました。

下級審において普通は無難な判決理由で差し支えない事案だからです。

※この判決が最高裁まで行くなら…そして経営陣の不法行為責任が確定するなら実質的に過払い請求の消滅時効は10年ではなく20年と言う事態にもなり今後の展開には別の視点から注目となります。


一連の武富士訴訟は個人的には当初から完勝も完敗もない訴訟と考えていましたが何やら風向きが変わりつつあるのでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ご無沙汰してます

> スピルスさん
お久しぶりです、個人株主Gです。

ブログを長いこと放置しておりましたので返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

私も横浜地裁の判決には驚きました。
しかし公判内容を調べてみると武富士側の主張にかなり無理があり、
個人的には解せない印象でした、もっと理に適った釈明ができるはずですから…
もっとも主張はすれど釈明する形には持っていきたくないのかもしれませんが。


> 一連の武富士訴訟は個人的には当初から完勝も完敗もない訴訟と考えていましたが何やら風向きが変わりつつあるのでしょうか?

和解というのは難しいのではないでしょうか。
私は最初から白黒決着をつけなければ進みようがない裁判かと考えていました。
だってそう思いませんか?和解するような思考ならば、武富士の会社更生をこんなやり方で進めませんよ。
ただ、管財人が提訴している訴訟の方は和解の可能性が高いかもしれませんが…

Re: 武富士に関するご相談について

> お名前は伏せさせて頂きます
(10月18日のコメント)様

はじめまして。
ご連絡ありがとうございます。

ここに返信を書き込みするのはご迷惑かと思いましたが、
こちらに要件が届いたことを、お知らせしたいため書き込みさせて頂きました。

正直な気持、ご連絡頂いたことに驚きを隠せませんが、
日を改めてお話をお伺いできればと思います。
こちらこそ、よろしくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
PR
プロフィール

個人株主G

Author:個人株主G
武富士株主。株主軽視の会社更生法申請により3000万円近い損失を被り人生が大きく変わってしまった男、個人株主G。

Twitter
参加サイト
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
↑1日1クリックして投票していただけると管理者の励みになります。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。