スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武富士 更生計画案提出 ~全ての更生計画案が出揃う~

先週末、武富士更生計画提出期限最終日に会社が作成した管財人団の更生計画案が東京地方裁判所に提出された。
これで、代理委員そして既に地裁から却下されている債権者案の清算計画と共に全ての更生計画案が出揃いました。

事前予想どおりの提出締め切り日の計画案提出で、その後の記者会見等々、意見したいことも沢山ありますが
まずは会社発表の公式文書を記載しておきたいと思います。

(太字部分が武富士の発表内容)



                         平成23年7月15日

更生債権者等各位

                         更生会社株式会社武富士

                         管財人 小畑 英一



            更生計画案提出のお知らせ


当社は、本日、東京地方裁判所に更生計画案を提出しましたのでお知らせ致します。
更生計画のポイントは別紙に記載のとおりです。
更生計画案について裁判所から付議決定を受け次第、皆様のお手元にご郵送させていただく予定です。
今後、関係各位のご支援とご協力をいただきながら、10月末から11月上旬を目途として東京地方裁判所から更生計画認可決定を得たいと考えております。
何卒、更生計画案へのご理解と投票へのご協力をお願い申し上げます。




              (別紙)


【更生計画案のポイント】

第1 再建の基本方針

更生会社は、法令遵守体制を維持しつつ、個人消費者の資金需要に応えるため、会社分割によってスポンサーであるA&P Financial Co.,Ltd.(A&P社)のグループ会社に消費者金融業を継承させ、事業についての再建を図り、更生債権等の弁済は分割会社において行う。

第2 更生計画の骨子

1 再生担保権

確定更生担保権全額を、更生計画認可決定日から3か月経過する日の属する月の末日までに弁済する。


2 優先的更生債権

(1)租税等の請求権

延滞金等については、徴収権者の意見を聴取し若しくは同意を得て、その金額について免除を受け、本税等は届出債権額の全額を、更生計画認可決定日から3か月経過する月の末日までに一括納付する。

(2)労働債権

退職金債権については、確定債権額のうち、元本等更生債権を再生計画認可決定日から3か月を経過する日の属する月の末日までに一括弁済する。確定給付企業年金契約に基づく特別掛金にかかる債権については、確定債権額全額を確定給付企業年金契約定めに従って弁済する。


3 一般更生債権

(1)第1回弁済

元本等更生債権の3.3%に相当する金額を、更生計画認可決定日から1年を経過する日の属する月の末日までに弁済する。

(2)第2回弁済

すべての更生債権等の額が確定するとともに、更生会社が保有する全資産の換価・回収が完了し、その時点での現預金から共益債権等を控除したうえで弁済原資を確保できた場合には、第2回弁済を実施し、残額の免除を受ける。


4 弁済の基本的考え方

本更生計画案における、更生債権等の主たる弁済原資は、手元現預金、会社分割の対価としてスポンサーから支払われる資金および資産処分や債権回収等によって得られる資金である。
このうち、法人税の還付請求、証券会社および旧役員に対する損害賠償請求等により得られた資金も弁済原資となり得るが、請求権の確定と回収までには相当程度の時間を要することから、更生計画案提出時点では弁済原資となる金額が確定していない。

そこで、現預金および会社分割の対価を弁済原資として、会社更生計画認可決定後速やかに、第1回目の弁済を実施するとともに、その後の回収金等から共益債権等を控除した残額を全て第2回弁済に充てる。
そのため、現時点で弁済率を明らかにすることは困難であるが、仮に、管財人による上記請求が認められ、その回収が実現した場合には、相当程度の弁済が可能となる。
また、本件は、一般更生債権者が約91万人と膨大な数であることから、一般更生債権の第1回弁済は、更生計画認可決定日から1年以内に行う。

                          以上


引用おわり。


要約すると、

担保のかかる債権は速やかに返済します。
税金も速やかに納めます。
現在の社員の退職金は確保します。
企業年金も確保します。

過払い金債権者の債権は債権額の3.3%を返済します。
今後、追加で支払いがあるかもしれません。

といった内容でしょうか…

予想はしていましたが、私が管財人に申し出ている株主救済はされないようです。
債務超過なので当然といえば当然ですが
今までの流れを考えると到底納得いかないものがありますね。

一般債権者の方は更にその感情が強いのではないでしょうか。
第2回弁済に不確定要素を盛り込み更生計画に賛成してもらいたい…
という報告には釈然としないものがあります。


私の記憶違いでなければ
武富士本社ビルや土地資産の入札は春先からしていたと思うのだけど
今になって2度に分ける意味が理解できない…
確か管財人の選定方不服として入札を辞退したJトラストも
スポンサーになると共に土地資産も買うという提案をしていたはず。

本当に武富士の会社更生手順は謎だらけです。


唯一の収穫は
「証券会社および旧役員に対する損害賠償請求」
という内容が記載されていることでしょうか。
証券会社とはメリルリンチのことを指していると思いますが
旧経営陣の責任を問うにあたり外せない事項だったので
そこに初めて触れてきたのは評価できるのではないでしょうか。

それとも全く違った意図で遥か昔の未公開株の件とか掘り下げてくれるのだろうか…
違法配当も含め主幹事証券が対象なのか?
嵌め込みBNPパリバのことかもしれないし、
破たん前インサイダーな匂いがしたゴールドマンやモルガンスタンレーかもしれない
私が以前武富士にお話した清川代表取締役とシティ証券の件も考えられる。
いずれにしても注目しています。


なんだか、今までの経緯を思い出していたら
武富士に対する怒りがこみ上げて気分が悪くなってきたので、
まだまだ言いたいことはあるけど、今日はこの辺で。


明日以降は新聞記事などを参考に、今回の更生計画案や武富士再建の難しさについて語っていこうと思います。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

証券会社

そんな深いとこ調べませんがね
経営責任調査委員会の20億しかやる気ないと思うよ。

Re: 証券会社

>兜コウジさん
書き込みありがとうございます。

私も、その可能性が高いと思いますが期待を籠めて書かせて頂きました。
ただメリルリンチについては追求していくと思います。
となると300億円規模の損害賠償になりますが、どうなることやら。
PR
プロフィール

個人株主G

Author:個人株主G
武富士株主。株主軽視の会社更生法申請により3000万円近い損失を被り人生が大きく変わってしまった男、個人株主G。

Twitter
参加サイト
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
↑1日1クリックして投票していただけると管理者の励みになります。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。