スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武富士 雑感。~武富士の不誠実・不公正な投票操作の是正を求める要請~

今月頭に日記を書いて以降、ブログの更新をお休みさせてもらっていました。
というのも、体調悪化が酷く慢性的に強い胃痛に悩まされていたため
田舎で10日ほど静養させてもらっていたからです。

まぁ、一日中武富士のことを調べ考えていたら胃も痛くなりますよね…
武富士と無関係なことで外に出ている時でさえ胃が痛み出したので
これは重症だなと思い静かに田舎に篭らせて頂きました。

静養中は武富士のことは考えず、子育てと家族サービスに集中していたため
今では体調もすっかり回復しました。
本当に現状を支えてくれる家族親族に感謝です。


そして今週半ばに東京へ帰ってきたわけですが
相変わらず武富士戦線は膠着状態のようです。

武富士の責任を追及する全国会議さんが
管財人小畑英一氏が債権者へ送付した更生計画資料の情報不足や
コールセンターなどでの更生計画賛成への誘導勧誘など問題として
意見書や要望書を上申しているようなのですが
東京地裁は意見を取り入れていくのだろうか…


以下、武富士の責任を追及する全国会議さんのHPより
(太字部分引用)



平成22年(ミ)第12号 会社更生事件
更生会社株式会社武富士
                        上申(要請)書
                                    平成23年8月16日
東京地方裁判所第8民事部 御中
調査委員 弁護士 須藤英章 先生
                              債権者 代理人 弁護士 及川 智志
                             「武富士の責任を追及する全国会議」事務局長

第1.要請の趣旨

 1 頭書事件において、平成23年7月15日に提出された管財人作成の更生計画案が同月22日付け決定により書面投票に付されているところ、この書面投票において不誠実かつ不公正な投票が行われている可能性があるので、調査委員は、更生会社株式会社武富士コールセンターに抜き打ちで立入り終日滞在するなどして、投票の誠実と公正を担保されるよう務められたい。

 2 調査委員が前項の任務を懈怠している場合には、裁判所は、調査委員を監督されたい(会社更生法126条、同68条1項)。

第2.要請の理由

 1 そもそも武富士から依頼された弁護士が管財人に選任されている点において本件会社更生手続の誠実性・公正性には疑問がある。
また、本件会社更生手続は、DIP型がそもそも疑問とされている事案であり、誠実義務を忠実に果たすことが、裁判所及び関係者に対する後世の評価の観点もふまえて強く求められる事案である。さらに、取締役に対する責任査定が予定されている点からしても本件会社更生手続はますますDIP型に馴染まない事案である。
したがって、本件書面投票の誠実性・公正性を厳格に監視・監督する高度の必要性が認められる。

 2 しかも、本件書面投票の問い合わせ先は、更生会社株式会社武富士のコールセンター(電話番号0120-938-685)とされており、なおさら本件書面投票の誠実性・公正性には重ねて疑問が募る。

 3 実際、頭書事件に基づく被害者の救済に携わる各地の市民団体には、以下のような体験談が寄せられている。

 (1)書面投票のやり方が分からなかったので、裁判所作成文書に記載されていた問い合わせ先(更生会社株式会社武富士のコールセンター)に電話したら、同意票を投じるように説得された。

 (2)裁判所作成文書に記載されていた問い合わせ先(更生会社株式会社武富士のコールセンター)に更生計画案の説明を求めて電話したら、同意票を投じるように説得され、答えを渋っていたところ、同意しないと弁済が遅くなると言われた。

 (3)裁判所作成文書に記載されていた問い合わせ先(更生会社株式会社武富士のコールセンター)に更生計画案の説明を求めて電話したら、同意票を投じるように説得され、さらに、会社更生手続きならば第1回配当が3.3%になるが、破産になったら配当が0%になるなどと虚偽の説明を受けた。

 4 くわえて、更生会社株式会社武富士は、本年7月付け「アクションプログラム研修資料」なる内部文書を作成した上、その内容を上記コールセンターの担当者らに徹底して周知しているが、同資料のなかには債権額200万円以上の債権者を選別して優先的に扱い同意を求めるなど、投票の公正さを疑わせる記載がある(そもそも裁判所や調査委員が「アクションプログラム研修資料」なる内部文書の存在と内容を把握しているのかすら明らかではない)。

 5 以上のごとき不誠実かつ不公正な書面投票を放置することはできない。このまま書面投票が進めば、仮に可決となったとしても、会社更生法199条2項4号に定める不認可事由に該当する蓋然性がある。
   よって、要請の趣旨のとおり求めるものである。
                                                    以 上 .



引用おわり


コールセンターの対応が疑わしいのは私も経験しているので(参照日記
もの凄く同意できます、私の時の担当者は管財人の名前も出していましたが大丈夫なんですかね。


さて、その他の私自身の見解ですが、体調を壊したくないので少しだけ語らせてもらいます。
DIP型と管財人の選任は誰がどう考えても武富士側にムシが良すぎる内容ですよね
経営責任が旧役員にあると経営責任調査委員会が報告しているのに
その旧役員が一部でも残るDIP型会社更生申請とは自分の顔を鏡で見てから物を言いなさいというレベルですし
そして会社更生の申請代理人が未だに管財業務を続けているという事実、これについて一度でも説明弁明していますか?
今になって創業家などへの損害賠償について明らかにしてきましたが
そんなのは初めから分っていたことだし、どう考えても遅すぎる動きです。
債権者と株主を蔑ろにするのもいい加減にしてほしい。


今まで武富士は私の質問をテキトウな回答で誤魔化していたんですよ。
創業家への過去数年分の配当利益移譲も
10年3月の違法配当も
引き直し計算も…
責任の所在も…
結果的に全部虚偽の回答を頂いていたわけです。
しかもその回答は管財人団の回答という武富士側の見解付きだったんですよ。

今度LM法律事務所を訪問した際に、小畑管財人にその辺りの説明を頂きたい。

私は武富士本社出入り禁止なのと支店やコールセンターに問い合わせると
100%イイカゲンな回答が返ってくるので(経験済み)
所属事務所へ直接伺う形をとっております、ご了承下さい。







参照URL

【武富士の責任を追及する全国会議】
http://blog.livedoor.jp/takehuji/archives/4514117.html





ブログランキング・にほんブログ村へ ←恐縮ですがブログに共感された方はクリックして頂けると幸いです。
人気ブログランキングへ ←恐縮ですがブログに共感された方はクリックして頂けると幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 借金・債務・金融
ジャンル : 株式・投資・マネー

PR
プロフィール

個人株主G

Author:個人株主G
武富士株主。株主軽視の会社更生法申請により3000万円近い損失を被り人生が大きく変わってしまった男、個人株主G。

Twitter
参加サイト
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
↑1日1クリックして投票していただけると管理者の励みになります。
カテゴリ
ブログ内検索
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。